脳と心の謎に挑む : 神の領域にふみこんだ人たち

高田明和 著

21世紀、心と生命の謎は刻一刻と解明されつつある。精神の病気は"心の傷"より、脳内物質の量が原因である。すべての神経細胞の素になる細胞が脳に蓄えられ、不老の時代の開幕を待っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心とは何か?
  • 神が支配した時代の人と体
  • 心と体を哲学したギリシア人
  • インドと中国の身体学
  • ローマ帝国とイスラム世界の医術
  • 脳の時代の幕開き
  • 脳の地図をつくる
  • 前頭葉は何をしているか
  • タンとしか言えない男
  • 右の脳と左の脳
  • 「病は気から」の解明
  • 神経学の発展
  • 神経と神経をつなぐもの
  • 脳を変える食べ物
  • 心を決める「物質」
  • 快感と怒りを感じる場所
  • ドーパミンの功罪
  • 記憶の不思議な仕組み
  • フロイトの失墜
  • 不死の脳細胞の発見

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳と心の謎に挑む : 神の領域にふみこんだ人たち
著作者等 高田 明和
書名ヨミ ノウ ト ココロ ノ ナゾ ニ イドム : カミ ノ リョウイキ ニ フミコンダ ヒトタチ
書名別名 No to kokoro no nazo ni idomu
シリーズ名 Kodansha sophia books
出版元 講談社
刊行年月 2002.5
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 4062691817
NCID BA57310067
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20282628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想