熱中症 : 息子の死を糧にして

中村純友 著

息子を熱中症で亡くした一人の医師が、その悲しみを乗り越えるまでと、熱中症の正しい知識を書き綴った慟哭と警告の衝撃のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 熱中症(私の息子におきたこと
  • 長男、純芳の行動
  • 個人的考察 ほか)
  • 第2章 我が子の死(我が子の死を体験して
  • アルバムに書いたメモ)
  • 第3章 自己をみつめて(長男誕生
  • 入浴
  • 長男の肥満 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 熱中症 : 息子の死を糧にして
著作者等 中村 純友
書名ヨミ ネッチュウショウ : ムスコ ノ シ オ カテ ニ シテ
書名別名 Necchusho
出版元 悠飛社
刊行年月 2002.5
ページ数 164p
大きさ 19cm
ISBN 4860300084
NCID BA57292704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20365950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想