反近代の精神熊沢蕃山

大橋健二 著

武士という名の「会社人間」が登場し、経済至上主義化とそれに伴う自然破壊が始まるなど、原初"近代"としての江戸時代。陽明学という"近代思想"で主体的自己を確立し、今日にも通じる"近代"の矛盾を真正面から批判した江戸初期の思想家熊沢蕃山を多面的に論じた快著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 「近代」へのプロテスト
  • 第1章 蕃山の生涯と挫折
  • 第2章 蕃山における近代精神
  • 第3章 蕃山の近代批判
  • 第4章 反近代・反時代的精神

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反近代の精神熊沢蕃山
著作者等 大橋 健二
書名ヨミ ハンキンダイ ノ セイシン クマザワ バンザン
書名別名 Hankindai no seishin kumazawa banzan
シリーズ名 遊学叢書 27
出版元 勉誠
刊行年月 2002.6
ページ数 392p
大きさ 22cm
ISBN 4585040870
NCID BA57281774
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20308892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想