パロマーの巨人望遠鏡  上

D.O.ウッドベリー 著 ; 関正雄, 湯澤博, 成相恭二 訳

二十世紀、新時代の天文学の発展は、望遠鏡の進化とともにあった。その基礎を築いたヘールは、資金・材料集めや技術上の様々な困難を乗り越え、次々と巨大望遠鏡の建設を進めた。本書には彼の尽力で始められ、アメリカの人材・技術力を結集して作られたパロマーの二百インチ望遠鏡の物語が記される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 巨人望遠鏡の系譜(ジュール・ヴェルヌの上をゆく
  • 天才に対する天の意図
  • 天文学の歴史
  • 一九〇〇年における世界最大の天文台 ほか)
  • 第2部 巨大望遠鏡の誕生(新計画の開始
  • 人的組織
  • いかなる鏡を使用すべきか
  • 熔解石英 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パロマーの巨人望遠鏡
著作者等 Woodbury, David Oakes
成相 恭二
湯沢 博
関 正雄
Woodbury David O.
ウッドベリー D.O.
書名ヨミ パロマー ノ キョジン ボウエンキョウ
書名別名 The glass giant of Palomar
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.6
ページ数 353p
大きさ 15cm
ISBN 4003394216
NCID BA57250861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20293628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想