国家は女性虐待を救えるか : スウェーデンとアメリカの比較

エイミー・エルマン 著 ; 細井洋子, 小宮信夫 訳

本書は構造の異なる2つの国家、スウェーデンとアメリカが助成への身体的・性的危害に対してどのように対応したかについての比較研究である。本書では、女性への虐待を政治問題化させたフェミニストの努力についても調査するが、主として暴力をふるう男性から女性を守るプログラムや政策の開発や実施に焦点を当てている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 分析の視点-ジェンダー特性と国家構造
  • 2 比較の視点-国家構造、文化、運動
  • 3 国家の介入と婦女暴行
  • 4 国家の介入とレイプ
  • 5 国家の介入とセクシャル・ハラスメント
  • 6 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家は女性虐待を救えるか : スウェーデンとアメリカの比較
著作者等 Elman, R. Amy
小宮 信夫
細井 洋子
エルマン エイミー
書名ヨミ コッカ ワ ジョセイ ギャクタイ オ スクエルカ : スウェーデン ト アメリカ ノ ヒカク
書名別名 Sexual subordination and state intervention

Kokka wa josei gyakutai o sukueruka
出版元 文化書房博文社
刊行年月 2002.6
ページ数 223p
大きさ 21cm
ISBN 4830109637
NCID BA57250602
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20296637
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想