日本人の神はどこにいるか

島田裕巳 著

文明の衝突が叫ばれる今、宗教はふたたび世界の歴史を動かしつつある。排他的な一神教と寛容な多神教という常識は果たして正しいのか。イスラームやキリスト教、仏教など世界宗教の実態を探りながら、すべての神を取りこんで、矛盾なく共存させてしまう特異な日本人の神を問いなおし、普遍的な神の学をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 神への関心
  • 第2章 世界の神
  • 第3章 一神教と多神教は区別できるのか
  • 第4章 日本の神
  • 第5章 慈悲の神

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の神はどこにいるか
著作者等 島田 裕巳
書名ヨミ ニホンジン ノ カミ ワ ドコ ニ イルカ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.6
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4480059512
NCID BA57247856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20303549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想