させられる教育 : 思考途絶する教師たち

野田正彰 著

「したい教育」を許さず、教師を徹底的に管理しようとする教育行政のもとで、そもそも教育論は成り立つのか。「管理のツール」の具体例や、苛烈な「処分」の文言を示しながら、人間の心が壊されていく様子を報告。「日の丸掲揚・君が代斉唱」の強制問題を入り口に、教育論義の新たな出発点をつくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日の丸・君が代に傷つく教師たち
  • 第2章 命を吸って唱われる歌
  • 第3章 国家主義のダイナミズムに乗って
  • 第4章 湧き起こる全体主義
  • 第5章 造られたマーケット-「指導力不足教員」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 させられる教育 : 思考途絶する教師たち
著作者等 野田 正彰
書名ヨミ サセラレル キョウイク : シコウ トゼツスル キョウシタチ
書名別名 Saserareru kyoiku
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.6
ページ数 211p
大きさ 20cm
ISBN 4000230077
NCID BA57244734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20305731
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想