中国の躍進アジアの応戦 : 中国脅威論を超えて

日本総合研究所調査部環太平洋研究センター 著 ; 渡辺利夫 編

日本は中国とどう向き合うべきか。大量の外資を引き寄せて競争力を強化する中国経済の実態を冷静にみつめ、中国・日本・アジアの分業関係のあり方を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 グローバル・メガコンペティションのなかの中国
  • 第1章 中国の登場は東アジアをどう変えるか
  • 第2章 中国の輸出拡大と東アジアの競合・補完関係
  • 第3章 雁行型発展は変わったのか-中国とASEAN諸国の工業化
  • 第4章 中国の競争力と人的資源
  • 第5章 グローバル化時代の中国経済
  • 第6章 日中経済関係の変化と今後
  • 終章 日本は中国とどのように向き合うべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国の躍進アジアの応戦 : 中国脅威論を超えて
著作者等 日本総合研究所 (1989年)
日本総合研究所調査部環太平洋研究センター
渡辺 利夫
書名ヨミ チュウゴク ノ ヤクシン アジア ノ オウセン : チュウゴク キョウイ ロン オ コエテ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2002.6
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 4492442898
NCID BA57242309
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20299195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想