源氏物語研究集成  第10巻 (源氏物語の自然と風土)

増田繁夫, 鈴木日出男, 伊井春樹 編

源氏物語研究の新しい段階を模索し物語全体の理解をめざす待望の企画。第10巻は、自然の美の諸相と文学について。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 平安朝文学における自然観
  • 源氏物語の自然
  • 源氏物語の歳時意識-物語の「詩学」にむけて
  • 源氏物語の景物
  • 景物論の歴史と可能性
  • 歌枕-方法としての玉鬘十帖
  • 京洛
  • 宇治・小野-源氏物語の「山里」空間
  • 初瀬
  • 住吉
  • 須磨・明石

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語研究集成
著作者等 伊井 春樹
増田 繁夫
紫式部
鈴木 日出男
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ ケンキュウ シュウセイ
書名別名 源氏物語の自然と風土
シリーズ名 源氏物語
巻冊次 第10巻 (源氏物語の自然と風土)
出版元 風間書房
刊行年月 2002.6
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 4759913149
NCID BA57242193
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20299270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
京洛 津本信博
住吉 石原昭平
初瀬 木谷眞理子
宇治・小野 三谷邦明
平安朝文学における自然観 小町谷照彦
景物論の歴史と可能性 高田祐彦
歌枕 長谷川政春
源氏物語の景物 鈴木 日出男
源氏物語の歳時意識 高橋亨
源氏物語の自然 後藤祥子
須磨・明石 坂本共展
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想