心理統計学の基礎 : 統合的理解のために

南風原朝和 著

心理統計学は実証的な心理学研究において欠くことのできない、重要な学問。心理学の研究を行ううえで必要となる統計学の理論と方法、その基礎となる考え方を、心理学の研究に特有の問題に留意してわかりやすく実践的に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 心理学研究と統計
  • 第2章 分布の記述的指標とその性質
  • 第3章 相関関係の把握と回帰分析
  • 第4章 確率モデルと標本分布
  • 第5章 推定と検定の考え方-相関係数を中心に
  • 第6章 平均値差と連関に関する推測
  • 第7章 線形モデルの基礎
  • 第8章 偏相関と重回帰分析
  • 第9章 実験デザインと分散分析
  • 第10章 因子分析と共分散構造分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理統計学の基礎 : 統合的理解のために
著作者等 南風原 朝和
書名ヨミ シンリ トウケイガク ノ キソ : トウゴウテキ リカイ ノ タメ ニ
書名別名 Shinri tokeigaku no kiso
シリーズ名 有斐閣アルマ : Specialized
出版元 有斐閣
刊行年月 2002.6
ページ数 394p
大きさ 19cm
ISBN 4641121605
NCID BA57240937
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20299503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想