ビール職人、美味いビールを語る

山田一巳, 古瀬和谷 著

「五〇年近くビールをつくってきて、いまだにビールというのは難しい酒だと、本当にそう思います」ビール職人・山田一巳はキリンビール在職中、『ハートランド』『一番搾り』など数々の名品を世に送り出してきた。定年退職後、理想のビールづくりを求め、八ヶ岳山麓にある地ビール工房の醸造長に就任した「達人」が語る"美味い"ビール、そして、ものづくりの"原点"と"極意"。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ビールの達人
  • 第1章 ビールと対話する時間
  • 第2章 会社は現場の職人が支えている
  • 第3章 大企業の中の小さな工房
  • 第4章 偉大すぎた『ラガー』
  • 第5章 「平成ドライ戦争」の舞台裏
  • 第6章 社運をかけた『一番搾り』の開発
  • 第7章 ビールは人にしかつくれない
  • 第8章 夢をつくりに清里へ
  • 終章 熟成していく時間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビール職人、美味いビールを語る
著作者等 古瀬 和谷
山田 一巳
書名ヨミ ビール ショクニン ウマイ ビール オ カタル
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2002.5
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4334031439
NCID BA5723138X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20279330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想