創造性の精神分析 : ルソー・ヘルダーリン・ハイデガー

加藤敏 著

世界を揺るがす思想にはどこか狂的なところがある。ルソーとカント、ヘルダーリンとハイデガー、ニーチェとバタイユ、キルケゴールと西田幾多郎などの思想的影響関係をたどりつつ、異常と正常、さらには創造性との密接な関係をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 創造活動における精神の逸脱と癒し
  • 第1部 精神の逸脱と創造(近代の病理と創造の病い-ジャン=ジャック=・ルソー
  • 詩人における「死への存在」の様相-ヘルダーリン
  • 分裂病と宗教・女性
  • 分裂病の病理と創造-アルトー、ニーチェ、ヘルダーリン)
  • 第2部 思想のエピ‐パトグラフィー(思想的系譜におけるエピ‐パトグラフィー-ハイデガーとヘルダーリン
  • エピ‐パトグラフィーからみた規範-カントとルソー、スウェーデンボルグ
  • キルケゴールと西田幾多郎-構造的メランコリーの観点から?
  • 狂気内包性思想の系譜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 創造性の精神分析 : ルソー・ヘルダーリン・ハイデガー
著作者等 加藤 敏
書名ヨミ ソウゾウセイ ノ セイシン ブンセキ : ルソー ヘルダーリン ハイデガー
出版元 新曜社
刊行年月 2002.5
ページ数 274p
大きさ 20cm
ISBN 4788508087
NCID BA57224227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20289452
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想