産業連関分析入門

宮沢健一 編

産業連関分析は、生産活動を通じて各産業間の関係を明らかにするもの。本書は、産業連関分析の考え方から、手法、応用まで体系的に解説。地域産業連関分析、国際産業連関分析、公害の産業連関分析などのトピックスも網羅。最新データに基づいた、ロングセラーの全面改訂版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 産業連関分析の考え方
  • 第2章 産業連関表の見方(表の構成
  • 表の形式)
  • 第3章 基本モデルとその応用
  • 第4章 地域および国際産業連関分析
  • 第5章 産業連関分析モデルの拡充

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 産業連関分析入門
著作者等 宮沢 健一
書名ヨミ サンギョウ レンカン ブンセキ ニュウモン
書名別名 Sangyo renkan bunseki nyumon
シリーズ名 経済学入門シリーズ
日経文庫
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2002.6
版表示 7版
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 4532108578
NCID BA57221455
BA66029164
BA74552572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20286650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想