エリック・ホッファー自伝 : 構想された真実

E.ホッファー 著 ; 中本義彦 訳

失明、孤独、自殺未遂、10年の放浪、そして波止場へ…。つねに社会の最低辺に身を置き、働きながら読書と思索を続け、独学によって思想を築き上げた"沖仲士の哲学者"が綴る情熱的な精神のドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 失明、母、そして父の死
  • 子ども部屋から貧民街へ
  • オレンジ売り
  • 運命の極点
  • 構想された真実
  • 休暇の終わり
  • 自殺未遂
  • 希望ではなく勇気
  • サンディエゴへの途上で
  • 適応しえぬ者たち〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エリック・ホッファー自伝 : 構想された真実
著作者等 Hoffer, Eric
中本 義彦
ホッファー エリック
書名ヨミ エリック ホッファー ジデン : コウソウサレタ シンジツ
書名別名 Truth imagined
出版元 作品社
刊行年月 2002.6
ページ数 189p
大きさ 20cm
ISBN 4878934735
NCID BA5717847X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20292493
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想