検察側立証すべて終了

毎日新聞社会部 編

本書では第180回から検察側立証が終了した第221回までの公判内容の記録を掲載し、さらに元幹部らの判決要旨なども添付した。また、この間の教団の動向についても記している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「神秘体験が尊敬のすべて」
  • 創価学会名誉会長襲撃事件を証言
  • 松本サリンの打ち合わせ時、松本被告あぐらで
  • 混合液があふれ、騒ぎに
  • 中川被告が地下鉄サリンを初証言
  • 「プラント完成は麻原さんの指示と思った」
  • 「プラントは殺害が目的」と滝沢服役囚
  • 「金ならやるから命だけは」と坂本弁護士
  • 松本サリンの翌日「暗たんたる気持ちに」
  • 松本サリン事件「理屈超えた心理で」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検察側立証すべて終了
著作者等 毎日新聞社
毎日新聞社社会部
毎日新聞社会部
書名ヨミ ケンサツガワ リッショウ スベテ シュウリョウ
シリーズ名 オウム「教祖」法廷全記録 7
出版元 現代書館
刊行年月 2002.6
ページ数 318p
大きさ 19cm
ISBN 4768470076
NCID BA57175733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20292711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想