日本経済と信頼の経済学

稲葉陽二, 松山健士 編

日本経済を囚人のジレンマからどう解き放せばよいのか。ソーシャル・キャピタル、つまり信頼の再構築を行うにはどうすればよいか、というのが本書の基本的な問題意識。政府と企業を代替的に捉えるのではなく、互いに補完するものとして捉え、さらに、それぞれの欠点を補う、いわば第三のセクターであるNPOなどの水平的なネットワークの必要性を提唱する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-信頼の再構築に向けて
  • 第1章 生産性の推移とソーシャル・キャピタル-日本経済の問題点の確認
  • 第2章 日本のコーポレート・ガバナンスと生産性
  • 第3章 政府の失敗の克服に向けて
  • 第4章 技術革新が横溢する環境の構築-日本の技術インフラの将来
  • エピローグ-再び信頼の再構築に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済と信頼の経済学
著作者等 松山 健士
稲葉 陽二
書名ヨミ ニホン ケイザイ ト シンライ ノ ケイザイガク
書名別名 Nihon keizai to shinrai no keizaigaku
シリーズ名 日本政策投資銀行設備投資研究所経済フォーラム
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2002.6
ページ数 189p
大きさ 20cm
ISBN 4492393781
NCID BA57171175
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20293031
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想