近代読者論

外山滋比古 [著]

テクストを"読む"とはいかなる営為なのか?音読から黙読、写本から活字本へと読者の変容をたどり、"読み"の創造性を定立した、受容理論の先駆的著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代読者論(読者の誕生
  • 「のぞき」
  • 読む
  • 異本の原理
  • イメジ雑考 ほか)
  • 2 読者の世界(読者論の前提
  • 読者のスタイル
  • 作品と読者の対話
  • 黙読の問題
  • グーテンベルグ革命 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代読者論
著作者等 外山 滋比古
書名ヨミ キンダイ ドクシャ ロン
シリーズ名 外山滋比古著作集 / 外山滋比古 著 2
出版元 みすず書房
刊行年月 2002.6
ページ数 350p
大きさ 20cm
ISBN 4622048523
NCID BA57156692
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20293024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想