パレスチナ : 動乱の100年

エリアス・サンバー 著 ; 飯塚正人 監修 ; 福田ゆき, 後藤淳一 訳

本書は、多数の写真と図版を駆使して、パレスチナ人が直面せざるを得なかった不合理と苦難を明らかにしている。しかも、シオニストによる土地収用や虐殺を糾弾しつつも、「ユダヤ人」迫害の結果として生まれたイスラエル国家の存在を認め、二つの国家の共存を模索する姿勢を貫いている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 肥沃な聖地
  • 第2章 分断されたパレスチナ
  • 第3章 むさぼり食われた領土
  • 第4章 アルアウダ:帰還
  • 第5章 国家に準ずるもの
  • 第6章 不在からインティファーダへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パレスチナ : 動乱の100年
著作者等 Sanbar, Elias
後藤 淳一
福田 ゆき
飯塚 正人
サンバー エリアス
書名ヨミ パレスチナ : ドウラン ノ 100ネン
書名別名 Les Palestines dans le siècle

Paresuchina
シリーズ名 「知の再発見」双書 103
出版元 創元社
刊行年月 2002.6
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 4422211633
NCID BA57156320
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301642
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想