古代庭園の思想

金子裕之 編

近年、飛鳥地域や平城宮・京跡では、7・8世紀の初期庭園の発掘が相次ぎ、その規模や構造が明らかになってきた。これらの庭園の起源を中国の神仙思想に求め、さらに浄土世界の現出へと変容していった古代庭園像を考古学・文献史学・中国思想の視点から明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 宮廷と苑池
  • 第2章 飛鳥の古代庭園-苑池空間の構造と性格
  • 第3章 奈良時代庭園の造形意匠
  • 第4章 浄土庭園の諸相
  • 第5章 古代庭園の成立とその道程
  • 第6章 ニワと王権-古代中国の詩文と苑
  • 第7章 隋唐の離宮と古代日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代庭園の思想
著作者等 金子 裕之
書名ヨミ コダイ テイエン ノ シソウ : シンセン セカイ エノ ドウケイ
書名別名 神仙世界への憧憬
シリーズ名 角川選書 339
出版元 角川書店
刊行年月 2002.6
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4047033391
NCID BA57149369
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20292973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想