倭国誕生

白石太一郎 編

倭国はどのように誕生したのか。日本歴史の原点である旧石器・縄文時代から初期ヤマト政権誕生までの時代を、自然環境、東アジアとの関わりの問題も含め、考古学の最新の成果にもとづきダイナミックに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 倭国誕生
  • 1 日本の旧石器文化-東・北アジアから考える
  • 2 縄文文化論
  • 3 農業の始まりと地域文化の形成
  • 4 考古学からみた漢と倭
  • 5 日本列島の環境史
  • 6 倭人の形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倭国誕生
著作者等 中橋 孝博
佐川 正敏
岡村 秀典
泉 拓良
白石 太一郎
設楽 博己
辻 誠一郎
書名ヨミ ワコク タンジョウ
シリーズ名 日本の時代史 / 石上英一 ほか企画・編集 1
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.6
ページ数 325, 23p
大きさ 22cm
ISBN 4642008012
NCID BA57145120
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20293096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想