手にとるように心理学用語がわかる本

渋谷昌三, 小野寺敦子 著

錯覚、自己成就予言、印象形成、集団思考、ダブルバインド、服従の原則、DV、コンプレックス、男性更年期症候群、第二次性徴、ひきこもり、PTSD、統合失調症…etc.380のキーワードで心のメカニズムを解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「情報」を捉える心理メカニズム-テレビ、雑誌、インターネット…膨大な情報が行き交う現代人の心理
  • 2 「社会」との関わりを探る-人と人との繋がりとはいうものの、微妙な力関係が社会を動かしている!?
  • 3 「私」をよく知るための心理学-意外と気づかない自分の性格や無意識に閉ざされた心奥を覗いてみる!
  • 4 「家族」の心理を読み解く-一組の男女が結婚し、子どもが生まれ、そして老いていく過程で揺れる心理とは?
  • 5 「子ども」の心理を読み解く-不登校やひきこもり、非行へと走る子どもたちの心の内とは?
  • 6 心のバランスはどう保てるか-トラウマやPTSD、統合失調症など、カウンセリングでの治療効果はあるのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 手にとるように心理学用語がわかる本
著作者等 小野寺 敦子
渋谷 昌三
書名ヨミ テニトル ヨウニ シンリガク ヨウゴ ガ ワカル ホン : ジコ ト タシャ ノ カンケイ オ サグル
書名別名 "自己"と"他者"の関係を探る
出版元 かんき
刊行年月 2002.5
ページ数 305, 12p
大きさ 19cm
ISBN 4761260157
NCID BA57124867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20364699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想