結婚の法律学

棚村政行 著

事実婚、同性カップル、性転換手術、人工授精etc.多様な生き方や新しい結婚の形は、法的にどのように保護されるのか-。結婚や夫婦関係をめぐる法のしくみと課題を解説するとともに、将来の制度設計や改革の方向を探る。また、Part1では、結婚のしくみを知ろう-結婚、離婚、相続など、Part2では、結婚の最先端の問題を考えよう-事実婚、同性の結婚、ドメスティック・バイオレンスなど、最新のデータを盛り込んでパワーアップ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 夫婦の絆と結婚のしくみ(結婚をするために
  • 結婚をすると
  • 夫婦の姓と戸籍
  • 夫婦をやめるとき
  • 夫婦の一方が死んだら)
  • 2 結婚を超えて(届出をしない夫婦
  • 同性のカップル
  • 国際結婚-国境を超えた愛
  • ドメスティック・バイオレンス
  • 夫婦の性的自立
  • 宗教と結婚
  • 高齢者の結婚)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 結婚の法律学
著作者等 棚村 政行
書名ヨミ ケッコン ノ ホウリツガク
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 2002.5
版表示 補訂版.
ページ数 271p
大きさ 19cm
ISBN 4641280762
NCID BA57118015
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20282862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想