環境を守るほど経済は発展する : ゴミを出さずにサービスを売る経済学

倉阪秀史 著

いままでの経済学は間違っていた。消費すればゴミは必ず出るのに、ゴミを無視してきたのだ。いままでの環境論も間違っていた。ガマンを強いる環境論なんて広がらないのに。「物」を売って儲ける経済から「サービスが詰め込まれた缶詰」を売る経済にシフトするだけで、便利な生活を続けながら、森も川も空気もきれいになる。環境を守るほどに儲かる、新しい経済学とその実現のしかた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 環境を守るとはどういうことか
  • 第2章 環境の限界はみえているか
  • 第3章 経済学はどこで間違ったのか
  • 第4章 「物」に着目した経済学を考える
  • 第5章 環境経済政策を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境を守るほど経済は発展する : ゴミを出さずにサービスを売る経済学
著作者等 倉阪 秀史
書名ヨミ カンキョウ オ マモル ホド ケイザイ ワ ハッテンスル : ゴミ オ ダサズ ニ サービス オ ウル ケイザイガク
書名別名 Kankyo o mamoru hodo keizai wa hattensuru
シリーズ名 朝日選書
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2002.6
ページ数 247, 7p
大きさ 19cm
ISBN 4022598069
NCID BA5708147X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20292981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想