日本のビール産業 : 発展と産業組織論

水川侑 著

産業組織論は、基本的には、ある産業がどの程度独占的であるか、そのため経済的厚生がどれほど害されているか判断し、反独占、したがって競争促進のための政策を遂行するために必要な何らかの指針を与えようとするものである。本書では、産業組織論の体系を理解する題材としてわが国のビール産業を取り上げ、この産業の発展を説明しながら、産業組織論的体系にしたがって実証分析をする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ビール及びビール産業の発展(ビールとは何か
  • ビールの歴史 ほか)
  • 第2章 市場構造(売手集中度
  • 製品差別化 ほか)
  • 第3章 市場行動(価格設定政策
  • 製品差別化政策 ほか)
  • 第4章 90年代におけるビール産業の新展開-市場行動(その2)(規制緩和と価格破壊
  • 発泡酒の開発-ビール対発泡酒 ほか)
  • 第5章 80〜90年代における市場成果(製品の多様化現象
  • 売上高及び利潤率の動向 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のビール産業 : 発展と産業組織論
著作者等 水川 侑
書名ヨミ ニホン ノ ビール サンギョウ : ハッテン ト サンギョウ ソシキロン
出版元 専修大学出版局
刊行年月 2002.5
ページ数 171p
大きさ 21cm
ISBN 4881251295
NCID BA57075808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20356678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想