上達の法則 : 効率のよい努力を科学する

岡本浩一 著

仕事でも趣味でも、たえず新しい知識や技術の習得が、人生を豊かにする。英会話、パソコン、ゴルフ、さらに、あらゆる資格や稽古ごと等々。やる限りは上達したいものである。万年初心者ではつまらない。では、上達を極めた人と、そうではない人と、どこが違うのだろうか?本書は、記憶と認知の心理学に基づき、上達の力学が"スキーマ"や"コード化"にあることを解明。その理論から、独自の精密練習法やスランプ脱出法を紹介する。努力が報われるために、本人、親、教育者、コーチ必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 能力主義と上達の法則
  • 第2章 上達と記憶のしくみ
  • 第3章 上達した人はどこが違うのか
  • 第4章 上達の方法論-中級者から上級者になるステップ
  • 第5章 スランプの構造と対策
  • 第6章 上級者になる特訓法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 上達の法則 : 効率のよい努力を科学する
著作者等 岡本 浩一
書名ヨミ ジョウタツ ノ ホウソク : コウリツ ノ ヨイ ドリョク オ カガクスル
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2002.5
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 4569621988
NCID BA57060265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20270434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想