世界の儚さの社会学 : シュッツからルーマンへ

吉澤夏子 著

本書は、「世界の儚さ」という主題を、シュッツからルーマンへとつらなる緩やかな軌跡の中に辿ろうとする試みである。まずシュッツについて、その仕事が現代社会理論の展開においてもつ意義を、「出発点」としてのシュッツ/「転換点」としてのシュッツという二つの視点からとりあげる。次に、ルーマンの議論の核心に置かれている「できごと」という概念をめぐって、それがもつさまざまなインプリケーションを、大きく「時間」、「世界」、「観察」、「他者」という四つのテーマに則して論じていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 世界の儚さという主題-シュッツからルーマンへ
  • 第1章 出発点としてのシュッツ
  • 第2章 転換点としてのシュッツ
  • 第3章 不可逆性のメタファー
  • 第4章 世界と「できごと」
  • 第5章 観察と他者性
  • 第6章 他者の経験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の儚さの社会学 : シュッツからルーマンへ
著作者等 吉沢 夏子
書名ヨミ セカイ ノ ハカナサ ノ シャカイガク : シュッツ カラ ルーマン エ
書名別名 Sekai no hakanasa no shakaigaku
出版元 勁草書房
刊行年月 2002.5
ページ数 206, 13p
大きさ 20cm
ISBN 4326652683
NCID BA57047992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20292515
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想