Mathematicaによる経済数学入門

吹春俊隆 著

本書の内容は伝統的な経済数学と同様である。Mathematicaの特徴の1つはグラフ機能の容易な操作性にあると思われるので、序論として中学数学の内容から話を始める。ただ、高校との接続を考え、またファイナンスという科目の特質から、本論は確率論よりスタートし、他の類書と比べ、このテーマに多くのページを割いている。続いて数列、微分へ移る。最大・最小問題という観点から偏微分の概念を説明して積分へ移る。最後に行列・行列式を説明して終わる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第0章 Mathematica入門
  • 第1章 離散分布:確率論の基礎
  • 第2章 ファイナンス理論の基礎
  • 第3章 微分
  • 第4章 偏微分
  • 第5章 積分
  • 第6章 行列と行列式

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Mathematicaによる経済数学入門
著作者等 吹春 俊隆
書名ヨミ Mathematica ニ ヨル ケイザイ スウガク ニュウモン
出版元 牧野書店 : 星雲社
刊行年月 2002.5
ページ数 195p
大きさ 21cm
ISBN 4795201455
NCID BA57017492
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20289179
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想