ヒト、この不思議な生き物はどこから来たのか

長谷川眞理子 編著

本書では、人間とはどんな特殊な生物であり、その特殊性がどのような条件のもとで出現してきたのかを、いわゆるオーソドックスな人類学の見方とは、少し異なる視点から論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヒトという不思議な生物(ヒトは他の生物と何が異なるのか
  • 生活史戦略とおばあさんの進化
  • ヒトには「おばあさん」が存在する
  • 認知的贅沢)
  • 第2部 「脳」がヒトをつくった(現生人類はいかに人間圏をつくったか
  • アウト・オブ・アフリカ
  • そしてわれわれはどこへ行くのか)
  • 第3部 進化、言葉、ヒトゲノム(人類はどのように歩んできたのか
  • 小鳥の音声コミュニケーションと人間言語
  • ヒトゲノムと類人猿ゲノムの比較から人間の独自性を探る)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒト、この不思議な生き物はどこから来たのか
著作者等 長谷川 真理子
書名ヨミ ヒト コノ フシギナ イキモノ ワ ドコカラ キタノカ
シリーズ名 「地球学」シリーズ 11
ウェッジ選書 11
出版元 ウェッジ
刊行年月 2002.5
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 4900594512
NCID BA57004785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20285626
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想