新しい骨のバイオサイエンス : 骨研究のhot spotが疾患までまるごとわかる

米田俊之 著

[目次]

  • プロローグ(今なぜ骨が危ないのか?
  • こんなにたくさんある身近な骨の話)
  • 1 骨はどんなふうにできている?(骨の構造を知ろう-骨の組織解剖学
  • 骨の分子ワールドをのぞいてみよう-骨の分子生物学)
  • 2 骨はヒトの体でどんな働きをしている?(カルシウム代謝
  • リモデリング-骨の自分自身の組織維持)
  • 3 骨の病気と治療のこれから(骨粗鬆症
  • 骨パジェット病 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しい骨のバイオサイエンス : 骨研究のhot spotが疾患までまるごとわかる
著作者等 米田 俊之
書名ヨミ アタラシイ ホネ ノ バイオサイエンス : コツケンキュウ ノ hot spot ガ シッカン マデ マルゴト ワカル
書名別名 Atarashii hone no baiosaiensu
出版元 羊土社
刊行年月 2002.6
ページ数 157p
大きさ 21cm
ISBN 4897062810
NCID BA56993372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20373418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想