海と島のくらし : 沿海諸地域の文化変化

田中宣一, 小島孝夫 編

沿海諸地域には海の恵みを享受し猛威から身を守るための豊かな伝承文化が育まれてきた。本書は、柳田国男主導の「海村調査」「離島調査」から半世紀以上を経たさまざまな伝承文化の変化を探る比較共同研究であり、離島や海村が辿る命運にも迫る異色の現代社会論でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論考編(「海村調査」「離島調査」とその成果の活用
  • 沿海地域社会の変化
  • 漁撈活動の変化
  • 信仰生活の諸相
  • 日常生活の展開)
  • 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海と島のくらし : 沿海諸地域の文化変化
著作者等 小島 孝夫
田中 宣一
書名ヨミ ウミ ト シマ ノ クラシ : エンカイ ショチイキ ノ ブンカ ヘンカ
出版元 雄山閣
刊行年月 2002.3
ページ数 494p
大きさ 22cm
ISBN 463901760X
NCID BA5697811X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20342932
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想