旧石器時代の社会と文化

白石浩之 著

後期旧石器時代は、土器が出現する以前の更新世後期に相当する石器文化。三〜一万年前の悠久な時の流れによって停滞的な文化と考えられがちだが、その多くを自然と共生しながら生活しつつ、時には厳しい自然を克服して、独特の文化をはぐくんできた。旧石器時代の人々がたくましく生きてきた人類文化の基層を知ることによって、現実の世界の中で何かを私たちに問いかけていることがわかるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 旧石器時代へのタイムトンネル
  • 2 石器の原料・技術・分布
  • 3 石器群の地域性とその編年
  • 4 移動生活と集落
  • 5 社会と文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旧石器時代の社会と文化
著作者等 白石 浩之
書名ヨミ キュウセッキ ジダイ ノ シャカイ ト ブンカ
書名別名 Kyusekki jidai no shakai to bunka
シリーズ名 日本史リブレット 1
出版元 山川出版社
刊行年月 2002.5
ページ数 95p
大きさ 21cm
ISBN 463454010X
NCID BA5697536X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21007926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想