ローマは一日にして成らず  上

塩野七生 著

前753年、一人の若者ロムルスと彼に従う3千人のラテン人によりローマは建国された。7代続く王政の下で国家としての形態をローマは整えてゆくが、前509年、共和政へ移行。その後、成文法制定のために先進国ギリシアへ視察団を派遣する。ローマ人は絶頂期のギリシアに何を見たのか-。比類なき大帝国を築きあげた古代ローマ。その一千年にわたる興亡の物語がいま幕を開ける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ローマ誕生(落人伝説
  • 紀元前八世紀当時のイタリア
  • エトルリア人
  • イタリアのギリシア人
  • 建国の王ロムルス ほか)
  • 第2章 共和政ローマ(ローマ、共和国に
  • ギリシアへの視察団派遣
  • ギリシア文明
  • アテネ
  • スパルタ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローマは一日にして成らず
著作者等 塩野 七生
書名ヨミ ローマ ワ イチニチ ニ シテ ナラズ
書名別名 Roma wa ichinichi ni shite narazu
シリーズ名 ローマ人の物語 1
新潮文庫 1
巻冊次
出版元 新潮社
刊行年月 2002.6
ページ数 197p
大きさ 16cm
ISBN 4101181519
NCID BA56973568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20282852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想