転倒させる快楽

ロバート・スタム [著] ; 浅野敏夫 訳

カーニバレスクな文学と映画の中にバフチン的「ダイアローグ」の展開を読みとる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 メタ言語学と記号論
  • 第2章 言語、差異、権力
  • 第3章 映画、文学、カーニバル性
  • 第4章 人食いとカーニバル
  • 第5章 グロテスクな肉体と映画のエロティシズム
  • 第6章 ダイアローグ性から『カメレオンマン』へ
  • 終わりに-バフチンとマスメディア批評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転倒させる快楽
著作者等 Stam, Robert
浅野 敏夫
スタム ロバート
書名ヨミ テントウサセル カイラク : バフチン ブンカ ヒヒョウ エイガ
書名別名 Subversive pleasures

バフチン,文化批評,映画

Tentosaseru kairaku
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 736
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2002.5
ページ数 453, 29p
大きさ 20cm
ISBN 458800736X
NCID BA56960770
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20341768
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想