物語としてのケア : ナラティヴ・アプローチの世界へ

野口裕二 著

社会構成主義によるケア論の革新、「ナラティヴ」の時代へ。ナラティヴ。このたった一つの言葉が臨床の風景を一変させた。「精神論vs.技術論」「主観主義vs.客観主義」「ケアvs.キュア」…二項対立の呪縛を超えて、「新しいケア」がいま立ち上がる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言葉・物語・ケア
  • 第2章 物語としての自己
  • 第3章 物語としての病い
  • 第4章 外在化とオルタナティブ・ストーリー
  • 第5章 「無知」のアプローチ
  • 第6章 リフレクティング・チーム
  • 第7章 三つの方法
  • 第8章 新しい専門性
  • 第9章 ナラティヴ・コミュニティ
  • 第10章 物語としてのケア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語としてのケア : ナラティヴ・アプローチの世界へ
著作者等 野口 裕二
書名ヨミ モノガタリ ト シテノ ケア : ナラティヴ アプローチ ノ セカイ エ
書名別名 Monogatari to shiteno kea
シリーズ名 シリーズケアをひらく
出版元 医学書院
刊行年月 2002.6
ページ数 212p
大きさ 21cm
ISBN 4260332090
NCID BA5695320X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20286259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想