愛と憎しみの韓国語

辛淑玉 著

日々の暮らしは「キレイな言葉」だけ使って過ごせるものではない。甘く美しい愛の表現とは背中合わせに、激しい憎しみの表現が存在する。日本語よりはるかに豊かな悪口「ヨッソル」をボキャブラリーに持つ韓国語。日本人が韓国人との議論に勝てないのも当然か。テレビの討論番組などで論客ぶりを発揮する著者のこの本には、現代の韓国社会を生きている「隣人」が多数登場する。韓国案内としても重宝する、ちょっと変わった韓国語教則本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 女と男
  • 第2章 悪口
  • 第3章 男の空間
  • 第4章 女の空間
  • 第5章 新世代の空間
  • 第6章 大衆文化
  • 第7章 スポーツ
  • 第8章 会食マナー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愛と憎しみの韓国語
著作者等 辛 淑玉
書名ヨミ アイ ト ニクシミ ノ カンコクゴ
書名別名 Ai to nikushimi no kankokugo
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2002.5
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 4166602454
NCID BA56910794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20279335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想