20世紀の夢と現実 : 戦争・文明・福祉 : 一橋大学国際シンポジウム

加藤哲郎, 渡辺雅男 編

19世紀の夢を実現したのが20世紀であった…。しかし、それは戦争とイデオロギーの時代であり、科学技術の進歩に夢を託しながらも、その矛盾に直面した時代でもあった。アメリカ、イギリス、中国、インド、オーストラリアと日本の学者が一堂に会し、その総括と21世紀への課題に向けて学際的な論議を交わした報告集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論セッション 二〇世紀とはなんであったか(二〇世紀-日本の経験
  • 暴力の二〇世紀-象徴としての強制収容所)
  • 第1セッション 福祉国家(二一世紀へと向かう福祉国家
  • 新たな集団主義を求めて-年金基金と社会的保護 ほか)
  • 第2セッション 戦争・歴史・文化(「信仰」の確立と集合的暴力
  • 南ルソンにおける植民地戦争-比米戦争の記憶と忘却 ほか)
  • 第3セッション 技術と環境(インターネット時代までの一〇〇年-二〇世紀についての省察
  • 資本主義社会の環境危機-技術がその解決策なのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20世紀の夢と現実 : 戦争・文明・福祉 : 一橋大学国際シンポジウム
著作者等 加藤 哲郎
渡辺 雅男
書名ヨミ 20セイキ ノ ユメ ト ゲンジツ : センソウ ブンメイ フクシ : ヒトツバシ ダイガク コクサイ シンポジウム
書名別名 The 20th century:dreams and realities

20seiki no yume to genjitsu
出版元 彩流社
刊行年月 2002.5
ページ数 294p
大きさ 22cm
ISBN 4882027453
NCID BA56900349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20278855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想