藤原摂関家の誕生 : 平安時代史の扉

米田雄介 著

道長を頂点とする藤原摂関家の栄華はいかに築かれたのか。平安遷都や数々の政変劇、外戚など、摂関政治の重要テーマを追求。執政者の自覚や日記の効用など、知られざる側面にも光を当て、平安時代史の新たな扉を叩く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 平安時代史を学ぶ人のために-プロローグ
  • 長岡京と平安京-遷都をめぐって
  • 平安時代初期の政変
  • 成立期の摂関制
  • 律令制と貴族制
  • 藤原氏の経済的基盤
  • 執政の家
  • 日記-儀式と故実の手鑑
  • 外戚-もう一つの権力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藤原摂関家の誕生 : 平安時代史の扉
著作者等 米田 雄介
書名ヨミ フジワラ セッカンケ ノ タンジョウ : ヘイアン ジダイシ ノ トビラ
書名別名 Fujiwara sekkanke no tanjo
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 141
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.6
ページ数 226, 4p
大きさ 19cm
ISBN 464205541X
NCID BA56874114
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20285640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想