地方分権下の地方自治 : どこがどのように変わるのか

本田弘, 下條美智彦 編著

本書は、地方分権一括法が実施に移された2000年4月以降、各般にわたる変化の現況を明確に把握しながら今後の分権型社会へ移行する各分野の方向性を明示するとともに、そうした方向性に内在する課題を指摘することもねらいとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 制度の改革(分権改革
  • 都道府県行政 ほか)
  • 第2部 促進の条件(行政評価
  • 情報公開 ほか)
  • 第3部 まちづくりの課題(地域開発
  • 環境政策 ほか)
  • 第4部 外国の実例(イギリスの分権化政策-スコットランドにおける地方分権
  • ベルギーの地方分権と連邦化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地方分権下の地方自治 : どこがどのように変わるのか
著作者等 下条 美智彦
本田 弘
書名ヨミ チホウ ブンケンカ ノ チホウ ジチ : ドコ ガ ドノヨウニ カワルノカ
出版元 公人社
刊行年月 2002.4
ページ数 340p
大きさ 21cm
ISBN 4906430821
NCID BA56864008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20363932
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想