買収ファンド : ハゲタカか、経営革命か

和田勉 著

日産自動車、ダイエー…大企業のリストラ策で切り売りされる子会社が、次々と「買収ファンド」の手に渡っている。彼らは、一部で言われるように本当に「ハゲタカ」なのか?日本に無理矢理グローバルスタンダードを押しつける「不逞の輩」なのか?現場を丹念に取材した結果、見えてきたものは?あるファンドの代表が言った言葉-「日本の企業は、かなりの比率で、真の経営者が経営していない」問題はここにこそある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 買収ファンドがやってきた
  • 第2章 企業再生
  • 第3章 日本の買収ファンド
  • 第4章 企業価値を上げるマジック
  • 第5章 ロマンを抱く練金術師たち
  • 第6章 日本経済の救世主になれるか?
  • 第7章 シーガイアの実験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 買収ファンド : ハゲタカか、経営革命か
著作者等 和田 勉
書名ヨミ バイシュウ ファンド : ハゲタカ カ ケイエイ カクメイ カ
書名別名 Baishu fando
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2002.4
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 4334031366
NCID BA56862115
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20269685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想