学校を変える教師の発想と実践

奈須正裕 著

「新学習指導要領」を現実化し、豊かに実らせるキャスティングボートは、教師であるあなたがにぎっている。官僚たちは現場教師が頼みなのであり、答申や通達は一種のお願いなのだ。教師はしっかりと研究し、納得した上で、自分らしいスタイルでやったほうが精神衛生にも、もちろん子どもの学びや育ちにとっても、いい。本書では、「新学習指導要領」との元気のでるつきあい方を公開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「総合的な学習の時間」をどうつくるか(今一度、総合的な学習とは何か
  • わが校の学習指導要領をつくる
  • 単元づくりは「はじめに子どもありき」で
  • 生き方更新の最前線としての子どもの求め
  • 指導要録が観点別学習状況を採用した理由)
  • 第2部 「基礎・基本」の確実な定着をどう図るか(教科において基礎・基本とは何か
  • もしも教科書がなかったら
  • 個に応じた指導で「おちこぼし」を防ぐ ほか)
  • 第3部 「特色ある学校づくり」を支えるインフラをどう整備するか(三五で割り切れない時間割をどうつくるか
  • 四五分にとらわれない日課の工夫
  • 学習環境整備と学習材の収集・整理の視点 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校を変える教師の発想と実践
著作者等 奈須 正裕
書名ヨミ ガッコウ オ カエル キョウシ ノ ハッソウ ト ジッセン
出版元 金子書房
刊行年月 2002.5
ページ数 185p
大きさ 19cm
ISBN 4760823077
NCID BA5684701X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20282373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想