未完のマルクス

的場昭弘 著

マルクスのテキストは、彼の死とともに数奇な運命を歩み始める。「教典」にまで神格化された彼のテキストは、その保存と解釈をめぐって、多くの研究者・研究機関の栄光と悲惨を彩りながら、戦争と革命の世紀を生き延びる。学問と政治の狭間を激しく往還したマルクスのテキストを、世紀を越えて、もう一度学問として読み、思想として生かすことは可能なのだろうか。気鋭のマルクス研究者が、21世紀のマルクスの思想の可能性を問うために、マルクスのテキストが辿った道を、20世紀のマルクス研究の意味を探りながら振り返る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • マルクスの死
  • エンゲルスの死と遺稿
  • ドイツ社会民主党とマルクスの遺稿
  • 『マルクス伝』の著者フランツ・メーリング
  • 『エンゲルス伝』の著者グスタフ・マイヤー
  • 処刑された所長リャザノフ-マルクス・エンゲルス研究所
  • ハンス・シュタインとモスクワのドイツ人
  • ガブリエーレ・シュタンベルガーの思い出
  • 社会民主党アルヒーフとアムステルダム社会史国際研究所
  • フランクフルト社会研究所
  • 大原社会問題研究所-日本人と『マルクス・エンゲルス全集』
  • ソ連から追放されたニコラエフスキー
  • マルクスの出版社、ディーツ
  • マクシミリアン・リュベル
  • 戦後のマルクス学の研究者たち
  • 東ドイツのマルクス主義=レーニン主義研究所
  • マルクス・メモリアルとマルクス主義の覇権凍瘡
  • 『マルクス・エンゲルス全集』と各国への普及

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未完のマルクス
著作者等 的場 昭弘
書名ヨミ ミカン ノ マルクス : ゼンシュウ プロジェクト ト ニジッセイキ
書名別名 全集プロジェクトと二〇世紀

Mikan no marukusu
シリーズ名 平凡社選書 217
出版元 平凡社
刊行年月 2002.5
ページ数 302p
大きさ 20cm
ISBN 4582842178
NCID BA56846210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20293035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想