水戸光圀語録 : 生きつづける合理的精神

鈴木一夫 著

水戸黄門として親しまれている徳川光圀は、たくさんの文章を残した知識人大名である。彼の言行録には名言、至言が数多くあり、混迷の中にある現代にこそ読まれるべき内容を含んでいる。江戸初期に生きた光圀の合理的精神は、人間社会に普遍的なテーマを捉えていたわけだ。「正義感あふれる好々爺」「尊皇思想の権化」といったイメージに惑わされることなく、光圀の言葉に秘められた魅力と説得力を味わっていただきたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人の生き方について
  • 第2章 仕事の心得について
  • 第3章 為政者"リーダー"について
  • 第4章 人の使い方について
  • 第5章 人の育て方について
  • 第6章 悪しき習慣について
  • 第7章 歴史について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水戸光圀語録 : 生きつづける合理的精神
著作者等 鈴木 一夫
書名ヨミ ミト ミツクニ ゴロク : イキツズケル ゴウリテキ セイシン
書名別名 Mito mitsukuni goroku
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2002.5
ページ数 193p
大きさ 18cm
ISBN 4121016424
NCID BA56834674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20296734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想