フッサール起源への哲学

斎藤慶典 著

「世界が現象する」とはどういうことなのか。フッサールの問題系に気鋭の哲学者が挑む。驚きに満ちた「現象学」解説の、そしてフッサール解体の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 たび重なる「転回」-数学から超越論哲学へ
  • 第2章 事象そのものへ-「現象」への還元
  • 第3章 記号と意味-「現象」の内実
  • 第4章 身体と私-「現象」の媒体
  • 第5章 世界-「現象」の場所
  • 第6章 時間と他なるもの-「現象」の外部へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フッサール起源への哲学
著作者等 斎藤 慶典
書名ヨミ フッサール キゲン エ ノ テツガク
書名別名 Fussaru kigen e no tetsugaku
シリーズ名 講談社選書メチエ 240
出版元 講談社
刊行年月 2002.5
ページ数 302p
大きさ 19cm
ISBN 4062582406
NCID BA56815920
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20279213
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想