「書く」ということ

石川九楊 著

言葉は人間存在の証し、言葉こそが人間である。そこに錘鉛を下ろして、このあたりでじっくりと、ワープロやパソコン、ひいては情報(諜報?)化社会の限界を見極める必要がある。人間の社会や生活を支えるために政治や経済活動はある。選挙や株価や円相場のために人間の生活がいつまでも蹂躙されつづけるわけにはいかない。五十年、百年先を見据え、日本語に不可欠の書くこと、言葉の復権、による時代への文化的抵抗が、今ほど必要なときはない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 文学は書字の運動である(日本語を裏切る操作性
  • 意識と無自覚の意識
  • ローマ字、仮名入力の怪 ほか)
  • 第2部 ペンとナイフ、書くことと刺すこと(「行為障害」論
  • はびこる等価交換=ヤクザの論理
  • 「絶対」と「無償」 ほか)
  • 第3部 ギリシア・印刷・キリスト教(肉筆→印刷文字→電子文字へという神話
  • 西欧的思考
  • ギリシア=ラテン語的歪み ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「書く」ということ
著作者等 石川 九楊
書名ヨミ カク ト ユウ コト
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2002.5
ページ数 174p
大きさ 18cm
ISBN 4166602462
NCID BA56815614
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20279331
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想