かぶき発生史論集

郡司正勝 著 ; 鳥越文藏 編

著者のかぶき発生史に関わる画期的な業績のアンソロジー。かぶき揺籃期の十六世紀末に物真似芸を中心に喜劇的な役柄を演じた「猿若」や道化に関する研究、中世末期の被差別芸能民を扱った「力者とその芸能」「河原者と芸術」などの論考を収録。編者による詳細な注と解説を付し、初学者にも理解しやすい形で紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 猿若の研究
  • 2 道化の誕生
  • 3 力者とその芸能
  • 4 河原者と芸術
  • 5 若衆かぶき以前の少年芸

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 かぶき発生史論集
著作者等 郡司 正勝
鳥越 文蔵
書名ヨミ カブキ ハッセイシ ロンシュウ
シリーズ名 岩波現代文庫 : 文芸
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.5
ページ数 291, 18p
大きさ 15cm
ISBN 400602052X
NCID BA56811577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20282945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想