鬼平と出世 : 旗本たちの昇進競争

山本博文 著

庶民に愛された長谷川平蔵がなぜ町奉行になれなかったのか?松平定信の真意、ライバルたちの暗闘を寛政期の史料から読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「鬼平」長谷川平蔵と好敵手たち(敵が多かった平蔵
  • 海千山千の策士だった鬼平
  • 田沼意次を唸らせた鬼平の機転 ほか)
  • 中休み 「好色将軍」家斉と"乳母問題"(大変人だった一一代将軍家斉
  • 家斉は何歳のときに側室を置いたか
  • 不人気職だった将軍家の乳母 ほか)
  • 第2部 森山孝盛と武士の出世(森山孝盛と「お菓子騒動」
  • 森山孝盛の母は「教育ママ」
  • 学問に身を助けられた森山孝盛 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鬼平と出世 : 旗本たちの昇進競争
著作者等 山本 博文
黒鉄 ヒロシ
書名ヨミ オニヘイ ト シュッセ : ハタモトタチ ノ ショウシン キョウソウ
書名別名 Onihei to shusse
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2002.5
ページ数 236p
大きさ 18cm
ISBN 4061496077
NCID BA56811227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20285603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想