埋もれた風景たちの発見 : ヴィクトリア朝の文芸と文化

中央大学人文科学研究所 編

[目次]

  • 第1部 ヴィクトリア朝の詩人たち(ジョン・クレアの後期の詩-一八四一年を中心に
  • テニスンの`process of speech'-中期の長詩を中心に
  • 「エトナ山上のエムペドクレス」再び-信と不信の距離
  • 『家の中の天使』の詩法-詩とリアリズム ほか)
  • 第2部 ヴィクトリア朝の批評と文芸(ワーズワスとディ・クィンシィ-事実の省察は神秘への道
  • マシュー・アーノルドの初期評論-「マルクス・アウレリウス」と「ジューベール」
  • 理想と現実の狭間-『ミドルマーチ』をめぐって
  • ヴィクトリア朝の大衆演劇と笑い-ブラッドン、ヘイゼルウッド、D・ジェロルド、そしてD・ブーシコー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 埋もれた風景たちの発見 : ヴィクトリア朝の文芸と文化
著作者等 上坪 正徳
中央大学人文科学研究所
中川 敏
井上 美沙子
井出 弘之
兵藤 雅子
原 孝一郎
土屋 繁子
坂川 雅子
川口 紘明
松本 啓
海老根 宏
笹川 浩
里麻 静夫
中央大人文科学研究所
書名ヨミ ウモレタ フウケイタチ ノ ハッケン : ヴィクトリアチョウ ノ ブンゲイ ト ブンカ
シリーズ名 中央大学人文科学研究所研究叢書 30
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2002.5
ページ数 615, 16p
大きさ 22cm
ISBN 4805753218
NCID BA56796371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20282491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想