ゼロの博物誌

ロバート・カプラン 著 ; 松浦俊輔 訳

数学の基礎をかたちづくり、私たちの認識に革命的な転換をもたらした「ゼロ」の発見。"なにもない"とは本当はどういうことを意味するのか-さまざまな文化、さまざまな時代から、興味深いエピソードを選りすぐり、わかりやすく系統だててまとめられた「ゼロ」のもつ豊饒な世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • レンズ
  • 心が物に跡を刻む
  • ギリシア人にはそれを表す言葉がなかった
  • 旅人たちの物語
  • 東へ
  • 未知数へ
  • パラダイム変動
  • マヤの話-数えることの裏面
  • 苦心の末
  • 天使たちをもてなす
  • ほとんど無
  • それは実在するのか
  • 蜘蛛のいる風呂場
  • いつも午後の国
  • リア王は正しかったのか
  • 考ええないもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゼロの博物誌
著作者等 Kaplan, Robert
松浦 俊輔
カプラン ロバート
書名ヨミ ゼロ ノ ハクブツシ
書名別名 The nothing that is

Zero no hakubutsushi
出版元 河出書房新社
刊行年月 2002.4
ページ数 303p
大きさ 20cm
ISBN 4309251579
NCID BA56796305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20278720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想