インカとエジプト

増田義郎, 吉村作治 著

巨大ピラミッドやミイラから垣間見える死生観、青銅器段階での高い文化的達成、再分配のシステムなど、インカ帝国に代表されるアンデス文明と、古代エジプト文明との意外な共通性に着目して、両地域の専門家が対話を試みる。環境、歴史的条件の違いを意識しながらのきめ細かな比較検討は、「文明とは何か」を考える手がかりとなるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 文明を比較する
  • 1 ふたつの古代文明
  • 2 麦とジャガイモ-文明成立の基礎条件
  • 3 大ピラミッドの時代
  • 4 王宮と倉庫-統治と再分配のシステム
  • 5 太陽神と神聖王
  • エピローグ 古代文明史の中のインカとエジプト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インカとエジプト
著作者等 吉村 作治
増田 義郎
書名ヨミ インカ ト エジプト
書名別名 Inka to ejiputo
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.5
ページ数 201p
大きさ 18cm
ISBN 4004307872
NCID BA56791673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20286197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想