メディア・トリックの社会学 : テレビは「真実」を伝えているか

渡辺武達 著

テレビが社会を動かす現代、メディアはどうあるべきか。「積極的公正・中立主義」とメディア・ホークス論を軸に、「テレビのやらせ」「CMの政治性」等を具体的事例に即して検証。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「やらせ」番組の社会構造-NHKスペシャル『ムスタン王国』を素材にして
  • 第2部 テレビCMの政治性-『原発バイバイ』の放映中止をめぐって
  • 第3部 報道にとっての公正と中立-「椿発言」を素材にして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディア・トリックの社会学 : テレビは「真実」を伝えているか
著作者等 渡辺 武達
書名ヨミ メディア トリック ノ シャカイガク
書名別名 Media torikku no shakaigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1995.5
版表示 第2版
ページ数 268, 2p
大きさ 19cm
ISBN 479070551X
NCID BA35650800
BA56785331
BN12565180
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95064005
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想